Tinder(ティンダー)に関するコンテンツ

更新:2021.08.06 作成:2021.07.10

【このtinder女がすごい】出会うと厄介な会員の実例を紹介

マッチングのしやすさで人気のtinder

男性にとっては大変ありがたいアプリなのですが、マッチングした女性がすべて恋愛目的だとは限りません。

なかには「このtinder女がすごい」と驚いてしまうほど変った人も。

この記事ではそんな変ったtinder会員を実例を交えてご紹介していきます。

いずれもレアなケースではありますが、油断していると騙されることもあるので、今後の参考にするつもりでご一読くださいね。

このtinder女がすごい1:束縛心の強いメンヘラ

tinderの女性会員は比較的ポジティブでノリが良い傾向があります。

そこに良さを感じてtinderで恋活する男性も多いようですが、なかには強烈なメンヘラ女性もいます。

例えば上の画像の女性。

「笑い合える関係が理想」と自己紹介に書いていることから明るい性格を想像をしていたのですが…

実際にマッチングしてやり取りしてみると考え方はとてもネガティブ。

しかも毎回数百文字のメッセージを数通送ってくるかなりのメンヘラでした。

また、束縛が強く、返信が1~2時間遅れると

「どうしたんですか?私とやり取りするのが嫌になったんですか?他の人とやり取りするのだけはやめてほしいです(涙)」

といったメッセージが何度も送られてきます。

これは「一途な人がいい」と書いている女性に多く見られる特徴です。

女性として誠実な男性を望むのは当然のことですが、それをわざわざ自己紹介に書くということは人一倍強く望んでいるということ。

その気持ちが強すぎると一人のマッチング相手に固執してしまうようです。

このtinder女がすごい2:分析力が高いストーカー

メッセージを大量に送ってくるだけなら大した問題ではありませんが、なかにはストーカーレベルにまでエスカレートしてしまう女性もいます。

上の画像の女性もその一人。

ルックス、スタイルともに良く2週間近くかけてじっくりやり取りしたのですが、どうしても性格の面で好きになれませんでした。

そこでやり取りを打ち切ったのですが…数日後、「返事をくれないなら直接会いに行きます」とのメッセージが。

こちらはとある居酒屋で撮影した写真をプロフィールに載せていたのですが、その内装から店を突き止めたというのです。

そこが自宅近くにある行きつけの居酒屋だと伝えていたので、「周辺で張り込みすればそのうち会えますよね?」とのこと。

このように、写真に自宅や勤務先、立ち回り先のヒントが写りこんでいることはよくあります。

そんな写真がストーカー気質の女性の手に渡ると後々厄介ですので、tinderに使用する写真には十分に注意してください。

このtinder女がすごい3:写真と実物が違いすぎる詐欺写メ師

こちらの画像はとある女性のプロフィール写真です。

女優並みのルックスと豊満なバスト、透き通るような肌と、見た目はかなりのハイレベル。

幸運なことに女性側も好意を持ってくれたようで、マッチングから数日後に初デートすることになったのですが…

待ち合わせ場所に現れたのは写真とはかけ離れた女性でした。

ルックスがアプリで加工されていることまでは想定していたのですが、豊満なバストも透き通るような肌も加工によってできたものだったのです。

あまりにも写真との落差が激しいのでそのことを本人に指摘したところ、「みんな普通にやってることだから」と開き直った態度。

他のマッチングアプリと比べてtinderは詐欺写メ女性が多いようなので、外見重視で相手を探すときは騙されないようにしましょう。

このtinder女がすごい4:ひたすら勧誘してくるキャバ嬢

新型コロナウイルスによって大打撃を受けたのがいわゆる「夜の街」です。

通常営業ができなくなったことでキャバ嬢達の収入は激減

少しでも稼ごうとtinderで指名客作りをするキャバ嬢が急増しています。

「今日はセクシーなドレスを着ます。良かったら飲みに来てくださいね」
「ぜひ一度会いたいです。お店に来てくれませんか?」

うっかりマッチングしてしまうとこのような営業メッセージが毎日届きます

無論、飲みに行けば簡単に本人と会えますし、かなり優しく接してくれることでしょう。

しかしこれはあくまでも仕事上のこと。

そこから恋愛に発展することはほとんどないので、カモられないように気をつけてください。

このtinder女がすごい5:食い逃げする女性グループ

「仲良くなったらまずはお食事から」という女性は多いもの。

上の写真の女性に対しても「食事にいきましょう」と誘ってみたところあっさりOKをもらいました。

ノリが良さそうなので楽しい食事デートになると期待をしていたのですが待ち合わせ場所に現れたのはなんと女性4人組

事前に何の説明もなく、いきなり「友達も一緒でいいですか?」と言い出しました。

「みんなちゃんとお金は払うんで」と言う彼女達。

それならということで女性4人と焼肉屋に行ったわけですが…ちょっと席を外したスキに4人とも食い逃げしてしまったのです。

tinderでメッセージを送っても返事はなし。

結局6万円を超える料金をひとりで払うことになりました。

レアなケースだとは思いますが、このような食い逃げをするグループもいるということを覚えておいてください。

このtinder女がすごい6:大富豪のシンガポール人

tinderには外国人が大勢登録しています。

なかでも多いのが香港、台湾、シンガポールなどの中華系女性。(ハーフやクォーターの場合もあります)

彼女達には容姿が良く年上好きという傾向がありますが、最大の特徴はお金持ちであること。

とくにシンガポールから日本にやってくる女性は裕福で、家族が複数の会社を経営しているなんてことは多々あります。

上の画像の女性もそんなシンガポール人の一人です。

話を聞いてみると彼女の個人資産は2億円を超えているのだとか。

日本人男性との結婚を望んでtinderに登録しており、思わず「逆玉」を期待してしまうわけですが…

彼女達が望むのは自分と同等かそれ以上の資産を持つ男性。

平均的な日本人男性では女性の金銭感覚についていけません。

実際、2人のシンガポール女性とデートしてみたのですが、載っている車は超高級車。

平均的な料金のレストランに入ったのですがあきらかに不満そうでした。

まとめ

この記事では「このtinder女がすごい」というちょっと変わった会員をご紹介しました。

tinderは恋愛に特化したマッチングアプリではないので、様々な目的の人が集まっています。

それゆえときには驚くような体験をすることも

単に珍しいだけなら良いのですが、金銭的に大損したり身の危険を感じたりすることもあります。

なので、安易に会おうとせず、まずはやり取りを行ってどんな人物なのかを把握してからデートに誘うようにしましょう。