更新:2021.08.16 作成:2021.08.16

【マッチングアプリは写真が大事】女性の加工の見破り方と男性の撮り方

マッチングアプリでの出会いを左右するのが写真です。

女性は加工によって自身をできるだけ美しく見せつつ、同時にできるだけイケメンの男性を選ぼうとします。

そのため、「待ち合わせた場所にやってきた女性が写真と違う」「イケメンじゃないとなかなかマッチングできない」という状況に。

そこでこの記事では、加工写真の見破り方と女性ウケの良い写真の撮り方をご紹介します。

マッチングアプリの女性は写真と違うのが当たり前

マッチングアプリに登録するとかわいい女性が多いことに驚かされます。

男性としては大変喜ばしいことですが実際に会ってみると「写真と違う」と思うことがほとんど。

これは女性が加工アプリを使っているから。

それに加えてアングルや光の当て方まで工夫してあるので、実物と写真は大きく異なります。

現在リリースされているアプリでは加工後の写真を加工前に戻すことは不可能

そのため加工されていることを前提に写真を見て、自力で加工前をイメージするしかないのです。

女性がよく使う写真加工アプリ

女性がよく使う写真加工アプリには以下のようなものがあります。

  • ●B516
  • ●SODA
  • ●Foodie
  • ●BeautyPlus
  • ●カメラ360
  • ●LINE Camera

これらのアプリを使用した場合、写真の右下にアプリを特定する英数字が記載されます。

これは加工済み写真と無加工写真を見分けられるようにアプリメーカー側が配慮した結果なのですが…

実際には英数字部分をカットしてしまえば加工の証拠はなくなります。

とはいえ、上記のような写真加工アプリを知っておくことはとても有意義です。

というのも、自ら写真加工アプリを使ってみることでどこがどれくらい加工可能なのかを把握できるから。

とくにルックス重視でマッチングアプリを使用する場合は、女性の気持ちになって色々と写真加工アプリを操作してみることをおすすめします。

加工が酷いと宇宙人のようになる

上の画像は宇宙人として多くの人がイメージする姿です。

グレイと呼ばれていますが、加工が酷い女性の顔はこのグレイにどんどん近づいていきます。

具体的には

  • ●顔に対して大きすぎる目
  • ●限界まで小さくなった小鼻
  • ●シワやシミが一つもない肌
  • ●尖った顎

などです。

マッチングアプリの写真をみて「グレイっぽい」と直観することがあったら、その女性は写真をかなり加工していると考えるべきでしょう。

マッチングアプリの写真で加工が多い箇所

マッチングアプリでは「女性は写真を加工している」という目線を持つことが大事です。

問題はどこをどう加工しているのか?という点。

最近の写真加工アプリは高性能なので、写真上で加工の痕跡を見つけることは困難です。

そこで、かなりの確率で加工されている箇所をご紹介します。

ほうれい線

ほうれい線があると顔が老けてみえます。20代女性ならまだしも30代以上になるとほうれい線が目立つのは大問題。

そんなほうれい線を隠すために光を飛ばす加工が行われます。

実際に多くのライトを使用することもできますが、写真加工アプリを使えば同等の効果が。

この加工を使えばほうれい線が消えるだけでなくツルンとした綺麗な肌質になります。

加工かどうかを見破るには

ほうれい線が加工された場合、顔全体からシワとシミが消えてゆで卵の殻を向いたようにツルンとした質感になります。

通常、人間の顔には様々な凹凸がありそれゆえ所々に影ができます。

つまり顔を撮影してツルンとなることはなく、そういった質感になっていれば加工されていることは間違いありません。

ほうれい線は年齢と共に出てくるものなので、マッチング相手が30代以上の場合は「ほうれい線はある」(実際は写真より老けている)と考えておくべきでしょう。

鼻にコンプレックスを持っている女性は大勢います。

  • ●鼻の横幅を狭くしたい
  • ●鼻筋をくっきりさせたい
  • ●もっと鼻を高くしない

このようなコンプレックスから鼻が加工される確認はかなり高いのです。
加工かどうかを見破るには

鼻の加工を見破るのは非常に困難です。

加工しすぎている場合は別ですが、程よく加工された場合は見破れません。

なので前述のコンプレックスが解消されていることを前提にイメージします。

つまり、実物はもっと小鼻が大きく低い鼻だと考えるべき。

PC用の高機能画像処理ソフトを持っている人は、小鼻が大きい女性の鼻をモンタージュのように移植してみると実物をイメージしやすいでしょう。

写真加工アプリにはフェイスラインをシャープにする機能があります。

この機能を使うと顎が尖ったようになります。

小顔に見せるテクニックで、考え方としては顔に手を当てる「歯痛ポーズ」と同じ。

小顔に憧れる女性は多く、頻繫に行われる加工の一つです。
加工かどうかを見破るには

顎が加工されている場合、下唇から顎の先端までの距離が長くなります。

そのため顔が不自然に縦長に見えるのが特徴です。

そもそも、本当に顎が尖っている女性はほとんど実在しません。

女優やモデルの顎が尖っているから憧れる女性が多いのですが、その女優やモデル自体が顎を整形しています。

なので、マッチングアプリで顎が尖っている女性を見つけたら、実際には丸い顎をしておりもっとエラが張っていると考えましょう。

目は顔の中でもっとも重要なパーツ。

目さえ綺麗であれば他のパーツが少々アンバランスでも可愛くみえます。

それだけに写真加工アプリでは様々な加工が可能。

  • ●黒目を大きくする
  • ●タレ目にする
  • ●ツリ目にする
  • ●目と目の間隔を狭くする

マッチングアプリではほぼすべての女性がいずれかの加工を行っています。

加工かどうかを見破るには

目の加工を見破るには大きさに注目します。

前述のグレイのように顔に対して目が大きすぎる場合はほぼ間違いなく加工です。

また、マッチングアプリによってはプロフィールに自身のチャームポイントを記載できるようになっています。

本当に目が大きければチャームポイントにもそう書かれているはず。

逆にチャームポイントに目があがっていなければ加工で目を大きくみせている証拠。

恐らく実物は目が横長で小さいのでしょう。

スタイル全般

「細いスタイルになりたい」というのはすべての女性に共通する願望です。

そこで普通~ややぽちゃの女性は写真を加工してスタイルを細く見せています。

この加工は非常に簡単。

単に写真を縦に伸ばすだけです。

これによって、

  • ●二の腕
  • ●脚
  • ●ウエスト

などがほっそりとなって写ります。

加工かどうかを見破るには

スタイルの加工を見破るには脚の長さと背景に注目します。

写真を縦に伸ばす際、多くの女性がついやり過ぎてしまうもの。

その結果脚が欧米のモデル並みに長くなります。(日本人は基本的に短足ですからそれほど脚が長いのは不自然です)

また、写真を縦に伸ばすと背景にひずみが生じやすくなります。

このような特徴がある写真はすべて加工済み。

もっといえばそんなに素晴らしいスタイルであればかなりモテているはずであり、マッチングアプリに登録していること自体がおかしいのです。

加工されている写真のおさらい

ここまでは、マッチングアプリの女性が写真を加工していることについてご紹介しました。

写真と実物が違うのはそれが大幅に加工されているから。

  • ●ほうれい線
  • ●鼻
  • ●顎
  • ●目
  • ●スタイル全般

以上の5箇所は加工されることが多く、加工後はグレイに近い顔と日本人離れしたスタイルになります。

とくに肌質がツルンしている写真は加工されいる証拠であり、実際の顔は写真と大きく違うと考えるべきです。

そのため、どこがどう加工されているかをイメージすると同時に、相手のルックスに過度の期待をしないようにしましょう。

男性は写真次第でマッチング率が変わる

女性の写真加工を見破っただけではマッチングアプリを攻略したとはいえません。

なぜなら男性は女性とマッチングできなければ何も始まらないから。

そしてマッチング率に大きく影響するのが男性のプロフィール写真です。

「内面重視です」「外見にはこだわりません」という女性は多いものですが、マッチング前に内面を知ることはほとんど不可能。

そのためどの女性も男性のプロフィール写真を重視してマッチングし、そこからのやり取りで内面をチェックしています。

そんな状況ですから男性はあらゆる工夫をして少しでも見栄えの良い写真を用意しなければならないのです。

男性のプロフィール写真の撮り方

見栄えのするプロフィール写真を準備するといっても、女性のように写真を加工するのはおすすめできません。

なぜなら女性は写真の加工に慣れているので、男性が行った写真加工を簡単に見抜きます

また、実際に会ったときに写真と違うと、自分のことを棚に上げてあからさまに素っ気ない態度に。

そのため写真加工はごく狭い範囲の修正程度に抑え、それ以外のアナログな方法で工夫していくことになります。

良い写真の撮り方1:服装と背景

女性は爽やかで誠実なイメージの男性を好みます。

この爽やかさと誠実さを演出するのに効果的なのが色。

服装や背景に白と青が多いと爽やかさと誠実さが強調されます。

簡単なことですが極めて重要なテクニックなので、プロフィール写真を撮影するときは必ず実践してください。

ちなみに着る洋服は白いTシャツや青いシャツなど一般的なものでOK

オシャレ感をだそうと変わった服装にすると、評価してくれる女性と嫌う女性の両極端になってしまいます。

良い写真の撮り方2:光の当て方

爽やかで誠実なイメージを与えるには写真の光量を増やすことも大事です。

当然、明るい場所で撮影するわけですがそれだけでは不十分。

レフ版を使って光が多方向から当たるように工夫します。

具体的には上の画像のように被写体(自分)の周囲を光沢のある白い物や鏡で囲みます

こうすることで写真全体が明るくなると共に、顔のシワやシミを飛ばすことができるのです。

レフ版の配置次第で顔の印象が大きく変わりますから、位置を色々と変えつつ何回も撮影しましょう。

良い写真の撮り方3:表情

十分な光量が得られるように調節できたら、次は表情を研究します。

ベストなのは何と言っても笑顔で写ること。

口の開け方や口角の上げ方を少しずつ変えながら自然な笑顔を目指します。

笑顔は優しさと親しみやすさを演出するので、マッチングアプリに警戒心のある女性でも安心してマッチングしてくれますよ。

良い写真の撮り方4:アングル

顔のアップを撮影する時は自分の目の高さより上から撮影するのがコツ。

これにより小顔になり2~3割増しでカッコよく写ります。

一方、体全体を撮影する(誰かに撮影してもらう)時はできるだけ低い位置から撮影します。

こうすると脚の長さが大幅に伸びます。

上から撮影した場合と比べて20cm近く変わるので、全身写真はなるべく低いアングルを心掛けましょう。

良い写真の撮り方5:髪型

髪型は清潔感をアピールするのにとても大事な部分です。

様々な髪型がありますがおすすめなのはツーブロック

ツーブロックとはトップが長め、トップ以下(サイドや襟足)が短めにカットされた髪型のことをいいます。

具体的にはサイドと襟足をバリカンで6~7㎜程度に刈り上げ、トップの髪が刈り上げた部分に被さるようにします。

トップの長さは自由ですが耳にかからない程度の方が清潔感をより強くアピールできますよ。

良い写真の撮り方6:ペットや子供

ペットや子供と一緒に写ると好感度が一気に上がります。

これはペットや子供を好む女性が多いことと優しいというイメージを強く与えることが理由。

また、ビジュアルの強さも抜群で、とくに犬や猫だと動物好きの女性が好んでマッチングしてきます。

なのでペットを飼っていない人は猫カフェに行くなどして動物とのツーショット写真を撮りましょう。

なお、子供と一緒に写る場合は「自分の子ではない」と一言書き添えておくのがコツ。

これがないとバツイチ子持ちだと誤解される可能性があります。

意味のない写真に注意

どのマッチングアプリもプロフィールに複数の写真を掲載できるようになっています。

「写真が多いとマッチングしやすい」と明言しているマッチングアプリもありますから、お気に入りの写真はどんどん掲載したくなることでしょう。

しかしながら、写真の内容によっては掲載する意味がないものもあります。

むしろ「センスがない」「独りよがり」と思われてしまうことも。

そこで、掲載しても意味のない写真の代表例をご紹介します。

料理のみの写真

男女共に多いのが料理のみの写真です。

どこかの飲食店で注文して感銘を受けたから掲載しているのでしょうが、見る側は「だから何?」としか思いません。

インスタグラムやFacebookの利用者が増えた昨今、料理の写真はありふれており、どれをみてもほとんど同じ

本人が写っているわけでもなく、そんな写真を見せられる分だけ時間の無駄なのです。

風景のみの写真

料理のみの写真と同様に、風景のみの写真も「だから何?」と思われてしまいます。

本人は「ここに行きました!」と旅の思い出を込めているのでしょうが、見る人の多くはそこに行ったことがなく何の思い入れもありません。

そもそも、単純に写真としての出来でいえばネット検索でもっといい風景写真がいくらでも見つかります

なので、よほどレアな風景じゃないかぎり、風景のみの写真はまったく効果がないのです。

車のみの写真

車を所有しているというのは一つのステータスになります。

ドライブデートもできるので女性にとっては喜ばしいことなのですが、だからといって車のみの写真を掲載されても何も感じません。

マッチングアプリによってはプロフィールの回答項目に「車」があり、そこに「アリ」と書かれていればそれで十分。

ローダウンやフロントバンパーを付けたカスタマイズ車、ベンツやBMWといった高級車を所有している男性は自慢したくなるところですが、ほとんどの女性は車の外装や車種に興味がないのです。

まとめ

この記事では、マッチングアプリにおける加工写真の見破り方と女性ウケの良い写真の撮り方をご紹介しました。

まず、女性のプロフィール写真については、何らかの加工が施されているという前提で見なければなりません。

なのでご紹介した見破り方を参考にしつつ、実際の顔をイメージする技術が必要。

これを養っておかないといざ初デートをした時に「写真と違う」と感じてしまうことでしょう。

また自身のプロフィール写真は

  • ●服装と背景
  • ●光の当て方
  • ●表情
  • ●アングル
  • ●髪型
  • ●ペットや子供

の5点を工夫し、爽やかさ、誠実さ、優しさ、親しみやすさなどをアピールしてください。

自撮りに慣れている男性は少ないかもしれませんが、上記5点を工夫すると写真の出来が見違えるほど良くなります。

写真の出来はマッチング率に大きく影響するので、少々手間でも取り組む価値は十分にありますよ。